top of page

巻肩の症状と自己ケア 〜痛みと姿勢を改善する方法〜


デスクワークをする女性

こんにちは。高岳、久屋大通エリアにあるリラクゼーション&パーソナルトレーニングジムBRECの土方です!

巻肩は肩周りの筋肉や靭帯の不均衡によって引き起こされる状態で、肩の痛みや不快感、姿勢の悪化をもたらします。

このブログでは、巻肩の症状と原因について解説し、自己ケアによる痛みの軽減と姿勢の改善方法を紹介します。



1. 巻肩の症状


肩の痛みやこり、首や背中の不快感、肩甲骨の動きの制限、姿勢の歪みなどがよく見られます。



2. 自己ケアの方法


- ストレッチや筋力トレーニングを取り入れて肩周りの筋肉を強化します。

- 日常生活で正しい姿勢を意識し、肩の負担を軽減します。

- 休息やストレスマネージメントを行い、筋肉の緊張をほぐします。

- 炎症の軽減のために、熱や冷却療法を活用します。



まとめ


巻肩の症状は生活に不便をもたらすことがありますが、自己ケアを行うことで痛みを軽減し、姿勢を改善することが可能です。

日常的なケアと予防を意識して、巻肩の改善を目指しましょう。

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page