top of page

熱中症に注意!危険性と症状、後遺症について知ろう


ベッドで休む体調不良の女性

こんにちは。高岳、久屋大通エリアにあるリラクゼーション&パーソナルトレーニングジムBRECの土方です!


今回は前回に続き、熱中症についてです。

熱中症を軽視している方が多い印象がありますが、

熱中症は重大な健康リスクを伴い、早期発見が重要です。

以下に熱中症の危険性と症状に加え、後遺症についても詳しくお伝えします。



1.熱中症の危険性


熱中症は、高温・高湿度の環境下で過度な体温上昇が起こる状態です。

暑い場所での運動や労働、長時間の外出が主な要因となります。

脱水や塩分不足、寝不足、体力の低下などが原因で、体調不良から命にかかわる状態になる可能性があるので注意が必要です。



2.熱中症の症状


熱中症には以下のような症状が現れることがあります。

  • 頭痛やめまい

  • 意識の混乱や錯乱

  • 吐き気や嘔吐

  • 脱水による口渇や体のだるさ

  • 皮膚が赤くなる・ほてるなどの熱感

これらの症状が出た場合は、すぐに涼しい場所に移動し、十分な水分補給を行い休息を取ることが大切です。しかし、重篤な症状が出た場合は専門医の診断を受けるようにしてください。



3.熱中症の後遺症


熱中症を経験した場合、後遺症が残ることがあります。

特に重症の熱中症では、脳や心臓、腎臓に影響を及ぼすことがあります。

集中力の低下、めまい、倦怠感、頭痛などが持続することがあります。

また、心臓機能にも影響が及び、動悸や息切れ、不整脈などが現れることがあります。

そのため、熱中症を経験した後は、自己管理による十分な休養と健康管理が重要です。



まとめ


熱中症は誰にでも起こる可能性があるため、予防対策が重要です。

水分補給をこまめに行い、外出時には日焼け止めを塗る、過度の運動を避けるなど、十分な注意を払いましょう。自己管理と周囲への注意喚起によって、夏の健康を守りましょう。


閲覧数:3回0件のコメント

コメント


bottom of page