top of page

夏の熱中症対策に効果的な食事と食材


ビーチでスイカを食べる女性

こんにちは。高岳、久屋大通エリアにあるリラクゼーション&パーソナルトレーニングジムBRECの土方です!


夏の暑い季節には熱中症予防のために適切な食事を摂ることが重要です。

今回は、熱中症に良い食事や効果的な食材についてお伝えします。



1.水分補給を意識しよう


暑い日には水分補給をこまめに行いましょう。

水だけでなく、スポーツドリンクや梅干し茶など、ミネラルや塩分も補給できる飲み物を選ぶと効果的です。運動中だけでなく運動前や外出前にも十分な水分を摂りましょう。



2.野菜を積極的に摂ろう


野菜には水分と一緒に必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

特に、水分が多いきゅうりやトマト、栄養豊富なほうれん草、かぼちゃなどを摂ると、熱中症予防に役立ちます。



3.果物で水分補給をサポート


メロン、スイカ、パイナップルなど、水分が多く含まれている果物は、美味しく水分補給ができます。また、果物に含まれるビタミンCが、疲労回復や免疫力アップにも効果的です。



4.食塩摂取を適切に調整


塩分を過剰に摂ると脱水を促進する可能性があるため、適切な量を摂るように心掛けましょう。食事の味付けにはハーブやスパイスを活用すると塩分を抑えられます。



5.冷たい飲食物を摂る


冷たい飲食物は体温を下げる効果があります。

アイスクリームや冷やし中華、冷たいスムージーなどを楽しんで、体を冷やす工夫をしてみましょう。



まとめ


熱中症予防には食事面からも注意が必要です。

水分補給と共に、野菜や果物をバランスよく摂り入れ、食塩摂取にも気を配りましょう。

夏を快適に過ごすために、健康的な食事を心掛けましょう!


閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page