top of page

食事量が少ないのに太る?その背後に潜む5つの原因


腕を組む女性

こんにちは。高岳、久屋大通エリアにあるリラクゼーション&パーソナルトレーニングジムBRECの土方です!


食事量を減らしているのに体重が増えてしまう現象は、多くの人にとって謎めいています。

このブログでは、食事量が少ないのに太る原因について、5つの要因を解説します。



1. 隠れカロリー


低カロリーの食事でも、意識せずに摂取している隠れカロリーが影響を与えることがあります。

ドレッシングやソース、おやつなどに注意が必要です。



2. 代謝の低下


長期間のダイエットや食事制限は代謝を低下させる可能性があり、カロリーを効率的に消費できなくなることが要因の一つです。



3. 栄養不足


食事量が少ない場合、必要な栄養素を摂取できないことがあります。

栄養不足が体内のバランスを崩し、脂肪蓄積に影響を与えることがあります。



4. ストレスとホルモン


ストレスは食欲やホルモン分泌に影響を及ぼし、食事量と体重増加の関係を変える要因となります。


5. 運動不足


食事制限だけでなく、運動不足も太る原因となります。

適切な運動がカロリー消費や体脂肪の燃焼を促進します。



まとめ


食事量が少ないのに太る原因は、隠れカロリーや代謝の低下、栄養不足、ストレス、運動不足など多岐にわたります。

バランスの取れた食事と適度な運動を組み合わせ、体重管理に留意することが大切です。

無理な食事制限は逆効果になることがあるため、健康的な体重コントロールを目指しましょう。


閲覧数:1回0件のコメント

Yorumlar


bottom of page